全身脱毛ランキング 脱毛Q&A

脱毛できないケースってあるの?

どんなに剛毛でも毛量が多くても脱毛できますが、
体調が万全ではない時だけは脱毛できません。

 

風邪や持病がある人はもちろんですが、
女性の場合、生理中はお肌が敏感になっているため、
普段は何でもない薬品がしみたり、時には激痛を伴ったり、
やけどのような症状が出ることも多いのです。

 

さらに生理中は貧血気味になりやすいため、立ちくらみを起こして
ケガをすることだってありますね。

 

そして、生理中同様、妊娠中の脱毛もおすすめできません。

 

脱毛時の痛みが陣痛を誘発したり、刺激やストレスが母体に
よくない影響を及ぼすこともあるのです。

 

ですから、ほとんどのサロンでは生理中、妊娠中の施術は
断られますし、生理によるキャンセルも快く受け付けてくれます。

 

また、もう1つ、脱毛ができないケースとしては日焼け肌です。

 

脱毛サロンの多くで使われている光による脱毛は
色の濃いところに反応することを利用しているのですが
日焼けをしている肌の場合は効果が薄れるだけではなく、
程度によっては脱毛することができないのです。

 

本来、黒い毛に集中するはずのエネルギーを黒く焼けたお肌が吸収してしまい、
強い痛みを感じたり、中には腫れ上がる人もいるようです。

 

>>脱毛サロンランキング、BEST3は?